桜島のある鹿児島県で育てた、無農薬無肥料のお米と玄米を産直、通販でお届け(お取り寄せ)

桜島ふれんずのお米の作り方

桜島ふれんずは、無農薬無肥料で、人と自然に優しいお米作りを目指しています。
このページでは、そんな私達のお米作りのやり方を紹介します。

米農家にとって春は1年で最も忙しい季節!
苗作り、代掻き、田植え・・・と毎日目が回るほどの忙しさ!でもとっても充実してます。

4月 稲作り

田植えの前に、稲の種から苗を育てておきます。 もちろん苗作りから無農薬・無肥料で行います♪

種籾

種籾。この種から稲を育てます。

苗床

苗床。

5月 耕うん・代掻き

田植えの前に、田んぼを耕うんし、稲が育ちやすい土壌にします。植える前の準備がやっぱり大切です。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

耕うん。

土壌に酸素や雑草などの栄養分をすきこみます。
トラクターを使って3回ほど耕うん作業をします。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

代掻き耕うん。

田んぼに水を張って土をかき混ぜるように耕うんします。田んぼを平らにすると共に、通常の耕うんよりも更に土を細かくし、稲が育ちやすい土壌を作ります。

6月 田植え

いよいよ田植えです。田んぼの中で日当たりのいい場所だけに植えていきます。

田植え中

一生懸命田植え中。

水を張った田んぼに苗を植えていきます。
田植え機の通らない田んぼの隅のほうは手で植えます。

田植え後の田んぼ

田植え後の田んぼ。

きれいに田植えができると一安心♪
元気に育ちますように!

水管理

美味しいお米を作るためには、きれいで冷たい水が必要。定期的に、冷たく新鮮な水に入れ替えます。
実は、水を入れ替える農家さんはあまりいません。いつも新鮮な水にしてあげることが、桜島ふれんずのお米がおいしい理由の一つです。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

田んぼの水を入れ替えます。

美味しいお米を作るために水管理は必須!
定期的に入れ替えます。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

透明できれいな田んぼの水。

きれいで冷たい高隈連山からの水。
桜島ふれんずの自慢です。

無農薬、無肥料なので、もちろん除草剤も使いません。
だから夏は雑草との戦い!暑いですが、しっかり草取りをします。

7月8月 草取り

草取りは完全手作業!
全ては安全で美味しいお米を作るため!汗をかきながらがんばっています。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

草取り作業中。

夏の草取りは暑くてたいへん!
家族全員で協力しながら行います。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

雑草も土に返します。

雑草も大切な田んぼの栄養です。
抜いた後は田んぼに埋め返します。

田車の写真

田車。

田車という手押し車のような道具も利用します。
完全に人力!昔ながらの農作業です。

秋は収穫の季節。
一生懸命育てたお米を収穫し、お届けできる、とっても嬉しい季節です。

9月10月 稲刈り・収穫

いよいよお米の収穫。今年も美味しくできたかな?ワクワクしながら収穫です。

収穫前の稲穂

収穫前の稲穂。

秋になり、穂先が色付き頭を下げることになったら、稲刈り機を使って刈り取ります。

稲刈り中の風景

稲刈り作業中。

いよいよ稲刈り!
愛情をこめて、丁寧に収穫していきます。

天日干し

刈り取った稲を太陽の下で乾かします。(通常は機械で乾かす農家さんがほとんどです。)
「天日干しのお米は美味しい!」昔ながらのお米農家さんはそう口をそろえます。
桜島ふれんずのお米は、全て天日干しで作っています。

天日干し中の風景

お米を天日干し中

収穫したお米を太陽の下で、ゆっくりと乾燥させます。
鹿児島の太陽と吹きぬける風!最高の環境です。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

天日干し後のお米。

天日干しが終わったら、脱穀機に通して米の収穫が終わります。
「天日干しは手間はかかるが美味しいお米ができる!」
昔ながらのお米農家さんはそう口をそろえます。

冬は来春に向けての土作り。
地味な作業かもしれませんが、この土作りが、来シーズンのお米の出来を決める、大切な作業です。

土作り

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

ただ今写真準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

以上が桜島ふれんずのお米作りの1年間です。

細かいことも含めれば、本当はもっとたくさんの作業があるのですが、、、
あまりに長くなりすぎるので、代表的なことだけを紹介しました。

桜島ふれんずのお米作りに興味が湧いた方は、ぜひ桜島ふれんずのこだわりもご覧下さい。

桜島ふれんずのお米作り、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

上へ